車査定 プロ

自動車査定の基礎知識について

自動車査定の基礎知識を知り頭に置いておくと、気持ちに余裕を持って査定を受けることが出来るようになります。自動車査定の基礎知識その1つ目は、自動車査定で特に重要視されるポイントについてです。それは、自動車の走行距離です。


やはり、走行距離が長ければ長いほど、査定額は低くなる傾向にあるため、走行距離が短い自動車ほど、査定額は高くなると言えます。

しかし、だからと言って査定額を気にするあまり、走行距離を短くし過ぎると、それはそれで査定額が低くなる原因になってしまいます。なぜならば、自動車というものはある程度走らせることで状態が維持されるからです。

自動車査定の基礎知識その2つ目は、自動車の年式についてです。基本的に、新しい車種であればあるほど査定額は高くなりますが、希少価値の高い自動車に限り、古い年式の方が査定額が高くなる場合もあります。この他に、同じ車種や年式であっても、フルモデルチェンジやマイナーチェンジされた自動車であるかどうかでも、査定額は大きく変わる場合もあります。自動車査定の基礎知識その3つ目は、自動車オプションについてです。

査定額を上げるオプションは、自分で装備させることが出来ないメーカーオプションやカーディーラーオプションです。

例えば、カーナビ、レザーシート、サンルーフ、シートカバー、フロアマット、サンバイザーなどがそれに当たります。これとは反対に、過度なドレスアップやスタッドレスタイヤは、査定額を低くする原因になるため、将来自動車を売るつもりならば、そうしないようにすることが大切です。このような事を念頭に置いて、査定を受けると円滑に進めることが可能になります。


車査定のポイント

車査定の基礎知識のポイントで、車査定に影響するポイントは車の走行距離が影響します。中古車市場では車の走行距離が50,000キロメートル以下であれば査定額がプラス査定になります。走行距離が50,000キロメートル以上であればマイナス査定の対象になります。

走行距離が100,000キロメートルを越えると査定価格が付かないことがあります。車査定の基礎知識のポイントで、自動車会社がフルモデルチェンジやマイナーチェンジを行うと車査定に影響が出ます。旧型の車はマイナス査定になりますので、フルモデルチェンジやマイナーチェンジして新型車が販売される前に車を売却することが高い金額の査定をしてもらえるので重要なポイントになります。日頃から自動車会社の動向を調べておくと良いでしょう。車査定の基礎知識のポイントで、多くの人は車の査定に影響がないと思っている人も多いと思いますが、車のボディーカラーも査定に大きく影響します。プラス査定になるのが、ホワイトカラーやパールホワイトカラーやブラックカラーが中古車市場では人気のカラーですので重要なポイントになります。車査定の基礎知識のポイントで、車の車内も重要です。

特にたばこの臭いやペットの臭いや香水の臭いは大きなマイナス査定になります。中古車を購入する人の多くが車内の臭いを気にする人が多いので査定額に影響します。消臭スプレーで臭いを消したり、車内を綺麗に拭き取ることが重要なポイントになります。